23年12月10日 (日曜日)

身だしなみで気をつけるポイント

看護師は、業務の中でコミュニケーションをとるべき人が数多くいます。周囲とのコミュニケーションを円滑に図るために欠かせないのが、身だしなみです。乱れた服装は、その人の心の中を表していると言っても過言ではありません。身だしなみを整えると、第一印象で好感を持たれるようになり、看護ケアをよりスムーズに効率よく行えるでしょう。そんな看護師にとって、身だしなみの絶対的なルールが、清潔感を演出することです。整えるべきところをしっかりと整えることですっきりし、清潔感のある雰囲気を演出できます。

身だしなみでまず気をつけなければいけないのは、首から上の状態です。まず、髪が長い場合は、後ろで一つにまとめたり、ゴムを使ってお団子ヘアなどにしたりしましょう。ボサボサしていたり、寝ぐせが目立ったりしていると、相手にだらしない印象を与えてしまうため、毎日ヘアスタイルを整えることが大切です。朝起きたら丁寧に洗顔をして、就寝中の汚れを洗い落とします。メイクは、万人受けするナチュラルメイクを心がけましょう。アイシャドウやチークなどの色味のあるものは、肌になじむものをセレクトすることが大切です。

また、汚れていない服装は、接する相手に安心感や信頼感を与えます。ユニフォームはこまめに洗濯して、汚れを残さないようにすることが大切です。そして、ユニフォームがシワになっているなら、シワを伸ばすためにアイロンがけも忘れてはいけません。畳む前にボタンが緩くなっていないか、衣類に穴が開いていないか、糸が飛び出していないかなども確認しましょう。